ONKYO HEMSの強み

ダブル発電にならないHEMS。

太陽光パネルや蓄電池など、資金を投じて充実させたせっかくの自家発電のシステムも、運用方法をしっかり考えないと「ダブル発電」の扱いとなり、売電時の販売価格が低くなってしまいます。

ダブル発電の例

複数設備からの電力は、売電時に価格が低くなります。

Onkyo HEMSなら、独自制御で価格を下げずに売電!

Onkyo HEMSは太陽光発電からの電力も蓄電池からの電力もそれぞれ個別に制御が可能なので、複数の発電設備を並行して利用する「系統連系」ではなく、設備からの直接給電と同じ扱いになります。

ダブル発電ってなに?

自家発電設備からの電力販売量が過剰になったり、再生可能エネルギーからの発電ではない電力の買い取りが発生したりしないように、「売電量を押し上げる」設備に接続された分電盤からの電力の買い取り価格を低く押さえるものとした、電力買い取りルールのことを指します。

蓄電池とのコンビネーションで真価を発揮。

Onkyo HEMSは独自設計のコントロール機能(特許出願中)を搭載し、蓄電池との併用で様々なメリットを生み出せます※。※各ご家庭の生活サイクルによって、電気代を抑える効果の度合いは変わります。

ダブル発電にならず売却効率が向上

太陽光パネルからの電気と蓄電池からの電気の両方を混在させてホーム分電盤に流すとダブル発電に認定されますが、Onkyo HEMSなら蓄電池からの配電ルートを太陽光パネルとは別個にコントロールできるため、ダブル発電の扱いにならず売電価格を高く維持できます。

太陽光パネル+蓄電池との連携

Onkyo HEMSなら太陽光発電が電気を売っている状態でも、蓄電池の電気を自由に使うことができます。
夜間の安価な電気※を蓄電池に充電し、それらを日中の電力として使えば、太陽光で発電した分の電気をより多く売ることができるので、売電収入の増加に期待できます。

※電力会社と夜間電力の契約が必要。

機器接続の汎用性が高い。

Onkyo HEMSは、メーカーやブランドを問わず、蓄電池や太陽光発電システムを幅広く組み合わせることができます。
また様々な外部電源と接続し、それらの電気をお部屋のコンセントから使う事ができるようになります。(特記事項

蓄電池

鉛蓄電池、リチウムイオンポリマー蓄電池など、接続する蓄電池を選びません※。予算や用途に合わせて自由に組み合わせられます。

※蓄電池側で接続機器を制限している場合を除く。

太陽光パネル

太陽光発電設備で作った電気もOnkyo HEMSを接続※することで、お部屋のコンセントから直接使用可能です。

※別途、切換器等の設備が必要。

非常用設備など

電気自動車の駆動用バッテリーや燃料発電機等といった外部電源からの電気※も、お部屋のコンセントで使用できます。

※別途、切換器等の設備が必要。

家庭内の全てのエネルギーを見える化できる。

電力の見える化にのみ対応したHEMSが多い中、Onkyo HEMSなら電気、太陽光、蓄電池、ガス、水道等、家庭内の全てのエネルギー管理を一括で行えます。

全てを管理可能

  • 太陽光
  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • 蓄電池

突然の停電時も安心。

不意な停電や災害の発生時でも、Onkyo HEMSなら給電と電力コントロールが可能です。
蓄電池と接続しておけば、停電時にあらかじめ指定された家電に対し電力が供給されます。この電力切り替えは自動で行われるので、外出時の停電でも安心です。

他社HEMS製品 Onkyo HEMS
太陽光の売電中は蓄電池が使用できない。 太陽光の売電中も蓄電池が使用できる。※1
「ダブル発電」の扱いとなり、太陽光の売電価格が下がる。 「ダブル発電」の扱いにならず、太陽光の売電価格も下がらない。※2
接続できる蓄電池のメーカーに制限がある。 接続できる蓄電池のメーカーに制限が無い。※3
見える化機能がインターネット上のサービスであり、ネット接続のランニングコストがかかる場合がある。 見える化機能は専用アプリケーションの形式となり、インターネットのランニングコストは不要。
  1. ※1 切替動作の特許出願中
  2. ※2 各電力会社と協議済み
  3. ※3 スタンドアロンタイプの蓄電池の場合